読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masakuroyのブログ

WordPressでもブログやってます! masakuroy.com

ウィスキーにはまりそうです。

来月から引っ越しする予定であり、

この三連休は契約手続きをしたり、引っ越しの荷造りしたり必要なものを買い揃えたりしている。

 

しかしまぁ引っ越しって金かかる、、、

契約手続きも書類いっぱいで何枚署名したかわからない、、

エネルギーも相当使う。

 

でも新生活をスタートするのはワクワクするし、知らない街に住むのも楽しみだ。

 

夢の東京一人暮らしである。

空想に耽る時間も長くなる。

 

新居に引っ越すにあたってやりたいことがひとつある。

それはウィスキーの宅飲みを嗜むことである。

 

ウィスキーに興味を持ったきっかけは二つある。

 

先日友人とバーに行き、そこで飲んだウィスキーが美味しかったのが一つ。

 

あとは職場で定年退職される人がいて、その人が好きなウィスキーを贈り物として選んだのだが、色々調べるうちにウィスキーの奥深さに興味をかきたてられたのだ。

 

家でグラスにロックアイスを入れ、ウィスキーをちびちび飲む。

 

三十代の大人の男のたしなみとして、なんともかっこいいではないか。

 

予行練習とばかりに昨日も友人とバーに行き、色んな種類のウィスキーを飲み比べてみた。

 

f:id:masakuroy:20160717113601j:image

 

 

なんとなくウィスキーと言えばスコッチでしょという妙な固定観念があり、スコッチウィスキーに挑戦した。

 

まず頼んだのはボウモア

スコットランドアイラ島醸造される通称アイラモルトであり、正露丸のようなスモーキーな味・香りは好き嫌いが分かれやすいと聞いたが、飲んでみるとなるほど強烈な匂い。

 

しかし嫌いじゃない。

むしろその独特のフレーバーにはまってしまいそうだ。

 

続いてマッカランも飲んでみた。

飲みやすく癖がないという印象。

 

最初に飲んだボウモアの印象が強すぎて、「なんか普通だな」と感じてしまった。笑

 

もう一杯英国皇室御用達の癖が強い「ラフロイグ」を飲んでみたかったのだが、生憎切らしているということで、もう一度ボウモアのロックを頂いた。

 

うーん、なんともスモーキーなテイスト。

ボウモアの魅力に取り憑かれてしまったかもしれない。。。

 

 スコッチで失敗しないためにスコッチウイスキー初心者は「ボウモア」がおすすめ | 4番は司令塔

 

新居に越したら、ボウモアのボトル・グラス・テーブルをこしらえて早速宅飲みに勤しむとしよう。